施工ブログ

エクステリアリフォームとは?エクステリアのメリットについてご紹介!

2021年9月27日|カテゴリー「施工ブログ

「エクステリアって単純に言えば外構のことだろう」
「庭のリフォームなんて業者に頼んでも時間かかってしまうのでは」
このような考えを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回はエクステリアとお庭のリフォームのメリットという2項目に分けて説明します。
ぜひ最後までお付き合いください。

□エクステリアを構成する場所ってなに?

今回は主に6つの場所を挙げて紹介します。

1つ目は、門扉から玄関までのアプローチです。
デザイン性と防犯性の二面に着目してリフォーム内容を決めることが重要です。
デザイン性は周りの環境にマッチした色合いを用いれば良く、ここはリフォームをする上で皆さんが意識されていることだと思います。
問題は防犯性で、門扉の外側から敷地内がどのような見え方をするのか、プライバシーの確保に気を付けましょう。

2つ目は、目隠しフェンスです。
近所の交通量が多い場合は子供やペットの飛び出しを防ぐ効果があり、外からの視線を気にしてしまう方は安心できる効果があるでしょう。
フェンスにも種類があり、アルミ製の柵であるウォールやブロック塀、生垣、石垣など多様に存在します。
設置スペースと費用、設置の際の隣近所とのトラブルがない範囲でリフォームを考慮してみましょう。

3つ目は、庭とテラスです。
庭より一段高い床や自宅の屋上にスペースがある場合、その空間のみに対し壁や床の素材を変えてみるのも面白いですね。
一般的にそこがテラスと呼ばれるものですが、コンクリートやレンガ、タイル、木材など素材を駆使し、お住まいの建築空間とはまた異なった空間を出すことに面白さがあります。

4つ目は、カーポート又はガレージです。
カーポートとガレージの違いとして、前者は囲いの壁が無く、後者は有る駐車スペースのことを指します。
クルマのデザインとご自宅のデザインの調和役を成すのがカーポートやガレージとなるため、リフォームする場合、慎重な気遣いが必要となってきますね。

5つ目は、デッキです。
最近では、容易に建てられるDIYキットが普及しています。
高い利便性や自由度といった難易度の高いこだわりを求めていない場合、自分で作ることも十分可能です。

6つ目は、サンルームです。
テラスにガラス張りの天井を設けることで完成します。
雨の日の選択干しや子供の遊び場など実用性が増す可能性があるため、設置をオススメします。

□庭リフォームのメリットを教えて!

メリットとしては、大きく3つあります。

・外観イメージの印象がさらに良くなる
・庭のメンテナンスが容易になり、防犯面でも大きく役立つ
・おうち時間の楽しみが増す

リフォームを今のうちにしておけば、仮に庭を使わなくなった際でも防草効果を保つ役割を発揮してくれます。
結果的に外から見たときでも、内からみたときでも良い雰囲気を出すことが可能です。

□まとめ

今回はエクステリアとお庭のリフォームのメリットについてご紹介しました。

当社はエクステリアについてのリフォーム実績を多種多様に持っております。
何かお困りの際は、ぜひお問い合わせください。

外構工事での植栽で失敗しないためにできることと植栽の効果をご紹介!

2021年9月20日|カテゴリー「施工ブログ
外構工事で植栽をお考えの方で
「植栽の効果を知りたい」「植栽で失敗しないためには何ができるのだろう」
このように考え、植栽を踏みとどまっている方も多いと思います。

そこで今回は、植栽の効果と外構工事での植栽で失敗しないためにできることを紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□植栽の効果をご紹介!

ここでは植栽の効果を3つ紹介します。

1つ目は、お庭に木陰を作れる点です。
夏にお庭を活用する際に「日差しがきつくて外に出たくない」と思ったことはありませんか。
日差しのきつい夏場は、お庭に木陰が欲しいですよね。

このように夏場でもお庭を活用したいという方に植栽はおすすめです。
植栽を行うことで、お庭に日陰を落とし快適な空間にできます。

2つ目は、目隠しになる点です。
植栽を行うことで外からの視線を遮ることもできます。
目隠しをする際にはフェンスも有効的ですが、植栽でも行えると覚えておくと外観選びの幅が広がります。

3つ目は、見た目も楽しめる点です。
木々やお花がお庭に咲いているのを見るだけでも癒されますよね。
例えば、様々な種類の木々を植えて、四季折々に移ろいゆくお庭を楽しめるようにするのも良いですね。

□外構工事での植栽で失敗しないためにできることをご紹介!

ここからは、植栽で失敗しないためのポイントを2つ紹介します。

1つ目は、木々の高さや日あたりの調整を行うことです。
隣接する道路から、お家の中が見えないようにすることが目的の植栽ならば、敷地を囲むように樹木を植えることになりますよね。
この際に注意したいのが、採光がきちんと行えるかという点や、圧迫感がないかという点です。

植栽は日陰を作れると前述しました。
しかし、せっかくのお庭なのに暗すぎてはいやですよね。
そのため、採光は行えるようにしながら日陰を作るような調整が必要です。

また、植えた木々が高すぎると圧迫感がでてしまいます。
木々の高さも考えつつ植栽を行いましょう。

2つ目は、植栽の際に成長の遅い植物を選ぶことです。
植栽では、剪定という作業が必要になります。
木々が道路にはみ出した場合に、剪定をしてメンテナンスを行います。
剪定の手間を省き、メンテナンスを楽にしたい場合は、成長の遅い植物を選ぶのがおすすめです。

□まとめ

今回は、植栽の効果と外構工事での植栽で失敗しないためにできることを紹介しました。
当社は外構工事を自社職人施工で行っております。
そのため、外構工事に関してのお悩みがありましたら、安心してご相談ください。

エクステリアで目隠しフェンスをお考えの方へ!おすすめの選び方とメリットをご紹介

2021年9月16日|カテゴリー「施工ブログ
防犯やプライバシーを重視する方におすすめのエクステリアが目隠しフェンスです。
そこで今回は、おすすめの目隠しフェンスの選び方とメリットを紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□おすすめの目隠しフェンスの選び方をご紹介!

おすすめの選び方は3つあります。
それぞれ紹介していきます。

1つ目は、高さを考えた選び方です。
一般的に、大人の目線からお家を隠すためには、180センチメートルほど必要と言われています。
ブロック塀の上に目隠しフェンスを設置する場合は、2つを合わせた高さが180センチメートル以上にすると良いです。

しかし、近隣住宅のフェンスの高さとの兼ね合いも重要になってきますので、見栄えも考えてフェンスの高さを選ぶことも大切です。

2つ目は、圧迫感を感じない高さにしましょう。
目隠しフェンスは、高さや素材によって圧迫感を感じてしまう可能性があります。
例えば、重厚感のある素材や暗い色を用いたデザインのフェンスだと圧迫感を感じてしまうかもしれません。

そのため、目隠しフェンスを選ぶ際にはベージュや白などの明るい色のフェンスを選ぶことがおすすめです。

近隣の住宅に設置されているフェンスを参考にしてみるのも良いですね。

3つ目は、風通しや採光に気をつけましょう。
目隠しフェンスは、取り付ける方角や位置によっては、家の中の風通しや採光を妨害してしまう可能性があります。
そのため、通気性が良く、太陽の光を遮らないフェンスを選ぶことがおすすめです。

□目隠しフェンスのメリットをご紹介!

ここからは目隠しフェンスのメリットを3つ紹介します。

1つ目は、プライバシーが守られる点です。
目隠しフェンスは、外部からの視線を遮れるだけでなく、防犯効果もあります。
そのため、隣接した家が多かったり、お家が人通りが多い場所に建っていたりする場合には、特におすすめです。

2つ目は、防音対策にもなる点です。
目隠しフェンスは、外からの音がうるさかったり、室内の音が外に漏れてしまったりといったトラブルを避けられます。

3つ目は、お家の外観を変えられる点です。
目隠しフェンスはデザイン性に優れたおしゃれなものも多いです。
そのため、お家の外観をおしゃれにできるのもメリットですね。

□まとめ

今回は、おすすめの目隠しフェンスの選び方とメリットを紹介しました。
当社では、エクステリア工事を自社職人の施工で行っております。
そのため、工事に関してのお悩みを早急に解決致します。
何かお困りごとがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

エクステリア工事をお考えの方に向けて!土留めの注意点を紹介します!

2021年9月12日|カテゴリー「施工ブログ
「エクステリア工事で土留めという言葉をよく聞くけれど、そもそも土留めとは何だろう」
このようにお悩みの方は多いと思います。
土留めは、土が崩れるのを防ぐ仮設構造物のことで、斜面に建つ家に必要なものです。

そこで今回は、土留めの概要と土留め工事を行う際の注意点を詳しく解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□土留めについてご紹介!

土留めとは、土砂がこぼれたり流れ出したりしないように、縁取る工事方法のことです。
家の敷地は、地面に対して並行ではないことが多いのですが、土留め工事を行うことで平らで安定した地盤を築けます。
具体的には、お庭と駐車スペースの境界の部分や、隣の家との間の高低差を解消するために行います。

また、土留めはフェンスの基礎や花壇の縁と併用される場合もあります。
温かみのあるお庭を作りたい方は、化粧ブロックやレンガなどの色味があるものを、ナチュラルテイストのお庭を作りたい方は、丸太を用いると良いでしょう。
このように、エクステリアの雰囲気をご自身の好みのテイストに合わせられます。

他にも、土留め工事では、ブロック塀などによって住宅を囲むこともあります。
住宅を構造物で囲うことによって、不審者の侵入を防ぐという効果にも期待できます。

□土留め工事を行う際の注意点をご紹介!

1つ目は、土留めの高さに気をつけましょう。
例えば、土留めの高さを地面すれすれにしてしまうと、雨が降った際に土が流れたり、フェンスを設置する際に、1段ブロックを積んでからになったりしてしまうため、その分のコストがかかってしまいます。

2つ目は、自然災害にも耐えられる強度を確保しましょう。
土留めはきちんと施工しなかった場合、徐々に傾き、最終的には崩壊してしまう可能性があります。
日本は地震や台風による大雨などの自然災害が頻繁に起こるため、これらに耐えられる強度が必要です。

3つ目は、土圧に耐えられるようにしましょう。
住宅に設けられる土留めは、土圧に耐えられるようにコンクリートで造るのがおすすめです。
コンクリートは高強度で耐久性に優れているため、土圧に耐えられます。

□まとめ

今回は、土留めの概要と土留め工事を行う際の注意点を解説しました。
土留め工事を行うことで、高低差を解消できたり、安定した地盤を築けたりします。
当社は、多能工の職人が在籍しているため、施工に関してのご要望やお悩み事に柔軟に対応できます。
何かお困りごとがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

ガレージの幅についてご紹介!ガレージシャッターの一般的なサイズも紹介します

2021年9月8日|カテゴリー「施工ブログ
ご自身のお家にガレージシャッターはついていらっしゃいますでしょうか。
ガレージシャッターは、大事な愛車を守るための防犯アイテムとしておすすめです。
そこで今回は、ガレージの幅に必要な寸法とガレージシャッターの一般的なサイズを紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□ガレージの幅に必要な寸法をご紹介!

駐車スペースは様々な制限を受けやすい部分で、道路と敷地の関係で決まってしまう場合が多いです。
最低限必要なスペースは、車のサイズと周辺のゆとりを含めたものです。
車のサイズは種類ごとに異なるため、ご自身の車が入るスペースを確保できるかどうか確認しましょう。
そして、周辺のゆとりは乗り降りするためのスペースとして700から1100ミリメートルほど必要です。

他にも、車が出入りする動きを考えたスペースも周辺のゆとりとしてとりましょう。
この際に、車の回転半径を考慮しましょう。
また、車がスライドドアの場合は、ゆとりをやや少なくとっても大丈夫です。

□ 一般的なガレージシャッターのサイズをご紹介!

一般的なガレージシャッターのサイズを上下シャッターと横引きシャッターに分けて解説します。

まず、上下シャッターはシャッタースラットを上部にあるシャッターボックスから引き出すタイプのシャッターです。
一般的な高さは、2メートルほどだと言われています。
また、幅に関しては、1台用だと2.4から2.7メートル程度で、2台用だと4.8から5.4メートル程度が一般的です。
3台用の場合には、1台用と2台用を組み合わせて利用する場合が多いです。

次に、横引きシャッターは、1枚で50メートル以上の幅まで対応可能です。
柱なしで設置可能だったり、様々な形状や間口の広さを持つガレージでも対応が可能だったりします。
そのため、出入口上部に余裕がない場合は、横引きシャッターにすることがおすすめです。

サイズを自由に選べるかつ、柱で繋がなくても大丈夫ですので、見た目が綺麗です。
また、様々なガレージへの対応が可能ですので、シャッターの種類の選択の幅が広がります。

□まとめ

今回は、ガレージの幅に必要な寸法とガレージシャッターの一般的なサイズを紹介しました。
ガレージ幅は、車のサイズと周辺のゆとりを含めて考えることが大切です。
当社は施工技術を裏打ちできるように、資格取得を徹底しております。
そのため、何かお困りごとがございましたら、安心してご相談くださいね。

エクステリアで人工芝をお考えの方へ!メリットと特徴を紹介します!

2021年9月4日|カテゴリー「施工ブログ
「お庭に遊び場を設けたいけれど、お手入れが大変なものは避けたい」
このようにお考えの方におすすめのエクステリアが人工芝です。
そこで今回は、エクステリアにおける芝生のメリットと人工芝の特徴を紹介します。
この記事を参考に、ぜひ人工芝を検討してみてくださいね。

□ エクステリアにおける芝生のメリットをご紹介!

芝生のメリットは3つあります。
それぞれ紹介していきます。

1つ目は、外構の費用を低コストで抑えられる点です。
天然芝や人工芝などの芝生は、タイルやコンクリートに比べ、低コストです。

2つ目は、遊び場としての機能性が高い点です。
お庭に芝生を敷くと、お庭でゴルフを行ったり、バーベキューを行ったり、ドッグランを行ったりできます。
また、芝生なら遊ぶ際に転んでも怪我をしにくかったり、砂埃や夏の暑さを抑えたりする効果もあるため、遊び場として最適ですね。

3つ目は、デザイン性を高めてくれる点です。
お庭だけでなく、駐車場や玄関アプローチで、コンクリートと芝生をうまく組み合わせることで見栄えが良く、おしゃれになります。

□ 人工芝の特徴をご紹介!

人工芝は、ウレタンやポリエチレンなどの合成樹脂で芝生に見えるように作られたものです。
そんな人工芝の特徴を3点紹介します。

1点目は、1年中きれいな緑の芝生を見れる点です。
人工芝は、毛足が高くなったり短くなったりしないため、1年を通して景観が変わらないことが特徴です。
枯れないので、芝生の色が変わらないこともメリットですね。

2点目は、メンテナンスフリーである点です。
人工芝は、芝刈りや肥料を与えるなどのメンテナンスをする必要がないため、お手入れが楽なことが特徴です。
利用頻度や個体差によっては、人工芝の張替えが必要になることがある点には、注意しましょう。

3点目は、雑草が生えにくい点です。
人工芝の施工は、下地となる土から雑草や石を取り除いてから行います。
その後、雑草が生えるのを防止するために防草シートを敷きます。
防草シートを敷いた上に人工芝を施工するため、雑草が生えにくくなることも特徴です。

□まとめ

今回は、エクステリアにおける芝生のメリットと人工芝の特徴を紹介しました。
芝生は、遊び場として活用できたり、デザイン性を高めたりするなどのメリットがあります。
当社では、皆さんが快適に暮らせるような外構工事を行うように尽力致します。
何かお困りごとがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。
scroll-to-top