施工ブログ

タイルデッキの外構工事をご検討中の方へ!メリットとデメリットをご紹介!

2021年8月31日|カテゴリー「施工ブログ
「外構工事でデッキを設置したいけれど、メンテナンスが少なくて済むデッキが良い」
このようにお考えの方に適しているのが、タイルデッキです。
そこで今回は、タイルデッキの概要、またメリットとデメリットを紹介します。

□タイルデッキとは

ウッドデッキには馴染みがあってもタイルデッキは聞いたことがないという方もおられるでしょう。
ウッドデッキが木を使って作るデッキなのに対して、タイルデッキはタイルを貼って作るデッキのことです。
ウッドデッキは、土台に木の床材を敷き詰めますが、タイルデッキは土台をセメントで作り、その上に接着剤を塗った後タイルを手作業で敷き詰めます。

□タイルデッキのメリットとデメリット

まず、メリットを2つご紹介します。

1つ目は、耐久性が高い点です。
タイルデッキは紫外線や雨による劣化が起きにくいです。
また、木ではないため腐食も生じません。
そのため、お手入れが楽で、メンテナンスも少ない頻度で済むことがメリットといえます。

例えば、デッキでガーデニングをしたいとお考えの方には非常におすすめです。
なぜなら、水気による劣化が生じにくいからです。

2つ目は、様々なテイストに対応できる点です。
住宅のテイストとして、例えば、洋風や和風、カントリー風やモダンなど様々なテイストがありますよね。
これらの様々なテイストと調和しやすい点も大きなメリットです。
また、色の違うタイルを複数組み合わせたり、タイルの大きさを自由に選べたりとデザインの幅が広いことも魅力的ですね。

次にデメリットを2点紹介します。

1つ目は、温度の影響を受けやすい点です。
暑い日はタイルの床面が高温になり、寒い日は氷のように冷たくなります。
そのため、リビングから出入りする際には、外履きを履いてからタイルデッキに移動するように気をつけましょう。

2つ目は、雨や雪の日に転倒しやすい点です。
雨の日はタイルの表面が滑りやすく、ケガにつながる恐れがあります。
また、特に寒い冬場ですと積雪や凍結で滑りやすく、タイルデッキが使いにくくなってしまいます。

対処法として、滑りにくい加工がされたタイルを採用する、濡れたら拭いて乾かす、テラス屋根を設置するなどの方法が挙げられます。

□まとめ

今回は、タイルデッキの概要、そしてメリットとデメリットを紹介しました。
当社では、タイルデッキを2色でコーディネートするなど、お客様のご要望に丁寧に対応致します。
エクステリアでお悩み事がある方はぜひお気軽にご相談ください。

ベランダを防犯フェンスで対策することで得られる効果をご紹介!

2021年8月27日|カテゴリー「施工ブログ
ベランダのプライバシーに関してお悩みの方におすすめなのが、防犯フェンスを設置することです。
そこで今回は、ベランダを防犯フェンスで対策する際の効果と防犯対策にフェンスを選ぶポイントを紹介します。

□ベランダを防犯フェンスで対策する際の効果をご紹介!

ベランダを防犯フェンスで対策する際の効果を3つ紹介します。

1つ目は、プライバシーの保護ができる点です。
晴れている日は、洗濯物をベランダに干したい方が多いと思います。
しかし洗濯物をベランダに干すと、その洗濯物から家族構成がばれてしまったり、どんな人が住んでいるのかがばれてしまったりする可能性があるため、プライバシー面が気になりますよね。

その際に、目隠しフェンスがあると安心できます。

2つ目は「簡単には侵入できない」というイメージを与えられる点です。
目隠しフェンスがあることで、部屋の状況が分かりにくいため、空き巣が諦めて帰る可能性が高いです。
注意点として、侵入されてしまうと逆にフェンスが空き巣の隠れ場所になってしまうことが挙げられます。
そのため、フェンスですべてを隠さず、フェンスの下の方は見通しを良くするのがおすすめです。

3点目は、防犯意識が高い家であると空き巣に思わせられる点です。
「ベランダにフェンスがあるから防犯対策がしっかりしている」と空き巣に思わせることで、防犯効果を高められます。

□防犯対策にフェンスを選ぶポイントをご紹介!

ここからは、フェンスを選ぶ際のポイントを2つ紹介します。

1つ目は、見通しの良さを確保する点です。
前述しましたが、敷地内を完全に覆ってしまった場合、空き巣が侵入した際に空き巣が外から見えなくなり、逆に防犯性が落ちてしまう可能性があります。

そのため、目隠しフェンスや格子タイプのフェンスを選ぶことがおすすめです。
これらのフェンスを選ぶことで、見通しの良さを確保しながら、目隠しができます。

2つ目は、防犯対策におすすめのフェンスを選ぶ点です。
例えば、剣先デザインのフェンスは防犯対策におすすめです。
剣先デザインだと、フェンスの尖った部分が侵入の妨げになります。
防犯対策だけでなく、デザイン性も確保されるためデザイン性を損ないたくない方にもおすすめです。

□まとめ

今回は、ベランダを防犯フェンスで対策する際の効果と防犯対策にフェンスを選ぶポイントを紹介しました。
当社は、ベランダフェンスを取り付けることで安心した生活を実現できるよう尽力致します。
何かお困りごとがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

庭のエクステリアをお考えの方!庭をオシャレに仕上げるポイントをご紹介します!

2021年8月20日|カテゴリー「施工ブログ
庭をオシャレにしたい方に知っていただきたいのが、庭をオシャレにするポイントです。
実は、庭をオシャレにするために知っておきたいポイントがいくつかあります。
そこで今回は、庭のエクステリアを依頼する理由と、オシャレな庭にするためのポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□業者に庭のエクステリアを依頼する理由とは

庭のエクステリアは以下の理由で業者に依頼する方が良いです。

1つ目は、外構全体の雰囲気と合う庭に仕上がるからです。
庭だけでなく、住宅についての知識も併せ持った業者に依頼すると、住宅と統一感のある庭に仕上がります。
また、庭だけでなく、フェンスなどの他の箇所も施工できるのもメリットと言えるでしょう。

2つ目は、知識が豊富だからです。
エクステリア業者は、一戸建てのエクステリアを何度も手掛けているため、庭づくりの専門的な知識をたくさん持っています。
そのため、エクステリア業者に依頼すると、知らないオシャレなデザインの庭をおすすめしてくれたり、低予算で希望に沿った庭を作ったりしてくれます。

3つ目は、技術力があるからです。
庭づくりは、とても施工範囲が広く、デザインなど難しい点があります。
そのため、自身で行うのではなく、専門的な知識に頼ることをおすすめします。

□庭をオシャレにするポイントとは

庭をオシャレにするには以下のポイントにこだわりましょう。

1つ目は、鉢植えグッズや植え方にこだわることです。
植物を植えるには、花壇に植える、鉢植えを使うなどの方法があります。
鉢植えを使用する場合は、植木鉢や鉢カバーをオシャレにする工夫をしましょう。
また、花壇に植える際も植え方で見え方が異なります。

2つ目は、道具や雑貨を使用する点です。
置くだけでオシャレに見えるガーデニング用品がたくさんあります。
小道や花壇を一から作るよりも手軽に庭をオシャレにできるので、利用してみましょう。

3つ目は、イメージを固める点です。
庭は、和風であったり洋風であったり様々なデザインがあります。
そのため、インターネットで調べて、オシャレな庭のイメージを固めておくと良いでしょう。
業者との打ち合わせもスムーズに進みます。

これらの点に注意して、オシャレな庭づくりにこだわってみましょう。
当社に頼んでいただければ、お客様のご希望に沿った庭づくりを約束します。
庭づくりをご検討している方はぜひ当社にお任せください。

□まとめ

庭をオシャレにするためのポイントをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
この記事がお客様のオシャレな庭づくりの参考になれば幸いです。
この記事でなにかご不明の点がございましたらお気軽にご相談ください。

エクステリアをお考えの方必見!おしゃれに仕上げるポイントを紹介します!

2021年8月16日|カテゴリー「施工ブログ
「エクステリアをおしゃれにして、家全体を華やかにしたい」
「手の込んだエクステリアを実現したい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

そこで今回は、エクステリアをおしゃれに仕上げるポイントをご紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください。

□エクステリアでの後悔とは

実はエクステリアでは、節約してしまったという後悔が多いです。
新築を建てる際に、土地や建物にお金を回して、エクステリアは最低限のもので揃えてしまう方が多いです。
そうしてしまうと、せっかくこだわって建てた住宅の外観が味気のないものになってしまいます。

また、エクステリアは外観だけでなく、防犯にも役に立ちます。
例えば、柵は視線をさえぎったり、砂利を敷けば音がなるので侵入されにくくなったりするなど、防犯対策にもぴったりの設備になります。
そのため、新築を建てる際は、ぜひエクステリアにもお金をかけて、後悔しない家づくりを目指しましょう。

エクステリアで後悔をしており、もっとこだわりたいとお考えの方はぜひ当社にご連絡ください。
当社ではエクステリア、また外構といった工事を専門にし、知識や技術を駆使してお客様の希望に沿ったエクステリアを実現いたします。

□エクステリアをおしゃれに仕上げるポイントとは

エクステリアをおしゃれに仕上げるために以下のポイントを押さえましょう。

1つ目は、建物の外観に合わせてスタイルを決めておくことです。
住宅の外観に合ったスタイルのエクステリアを設置すると、建物全体に統一感が出て、おしゃれな住宅に仕上がります。
デザインの例としては、シンプルモダン、和モダン、ナチュラルモダンなどがあります。
自身の住宅をどんなデザインにしたいのかを考えて、エクステリアのデザインを決めましょう。

2つ目は、門から玄関までをエクステリアデザインの中心に考えることです。
門から玄関までの道は必ず目に入り、毎日通る場所です。
そのため、エクステリアの中でも特に力を入れてデザインをしましょう。
全体にお金をかけるより、門から玄関までに集中してお金をかけると、住宅の顔とも言える玄関までの空間がおしゃれに仕上がります。

これらの点を踏まえて、エクステリアを施し、住宅をおしゃれに仕上げましょう。

□まとめ

エクステリアをおしゃれに仕上げる方法についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
お客様のエクステリアをおしゃれにするための参考になれば幸いです。
当社では、様々な種類のエクステリアを手掛けています。
この記事についてご不明の点がある方はぜひお気軽にご相談ください。

外構工事の失敗から対策方法を専門業者が紹介します!

2021年8月12日|カテゴリー「施工ブログ
「外構工事を行いたいけど、失敗はしたくない」
このような理由で、工事の依頼を迷っている方はいらっしゃいませんか。
せっかく工事をするのですから、今よりももっと使い勝手を良くしたいですよね。

そこで今回は、外構工事の失敗例とその対策をご紹介します。
この記事を参考にして、外構工事の失敗を避けましょう。

□外構工事の基礎知識とは

外構工事において、住宅の外観を決めるうえで大切なのは、外構のアプローチです。
外構のアプローチとは、門から玄関まで続く道のことを指します。
家に入る時も、家から出る時も目に入るため、見る頻度が一番高い部分ですね。
住宅の印象を決める顔の役割を果たすため、外構をオシャレにするためには、アプローチにこだわることをおすすめします。

□外構工事の失敗例とその対策とは

ここで、外構工事の失敗例とその対策を紹介します。

1つ目は、食物の手入れができなくなる例です。
外構をオシャレにするために植物を入れすぎると、手入れが行き届かない場合があります。
芝生や植栽を取り入れたい方は、手入れをこれから先もきちんとお手入れをする覚悟を持って取り入れましょう。

2つ目は、雑草のメンテナンスが面倒な例です。
庭を土のままにしておくと雑草の手入れはつきものです。
砂利を敷いて雑草を生えないように対策をしましょう。

ここで注意したいのが、砂利の下に防草シートを敷くことです。
砂利だけでは対策できない雑草も、防草シートを敷くことで、雑草のメンテナンスの負担を大きく軽減できます。

3つ目は、アプローチが水で滑りやすい例です。
ツルツルの素材でアプローチを作ると、雨で滑りやすくなってしまいます。
そのため、高齢者がいらっしゃるご家庭や、お子様がいらっしゃるご家庭では特に、滑りにくい素材でアプローチを作るようにしましょう。
水はけも注意して作ると、より滑りにくくなります。

4つ目は、高齢者になってから階段が不便になる例です。
住宅は何年も何十年も住み続ける場所ですよね。
高齢者になっても不自由なく動けるような構造にするようにしましょう。
手すりやスロープも設置しておくと、将来も生活しやすくなります。

□まとめ

外構工事の失敗を解説しましたがいかがだったでしょうか。
お客様の外構工事が成功になるきっかけとして、この記事が参考になれば幸いです。

外構工事をお考えの方はぜひ当社にお任せください。
お客様の希望に沿った外構工事をお約束します。
なにかこの記事でご不明の点がございましたらお気軽にご相談ください。

ガレージのシャッターのメンテンナンスは行き届いていますか?ガレージ塗装について解説します!

2021年8月8日|カテゴリー「施工ブログ
「ガレージのシャッターの塗装っていくらかかるんだろう」
「DIYでできるのだろうか」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

そこで今回は、シャッター塗装の価格や単価と、シャッター選びを業者に頼んだほうが良いのかについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□シャッター塗装の相場とは

シャッターを塗装する場合は、一般的に一平方メートルあたり1500円と言われています。
しかし、実際の価格は業者ごとに異なっており、面積で換算する方もいれば、一枚あたりで換算する方もいます。

シャッターは車を出し入れするたびに動き、こすれあっているので、劣化が激しいです。
また、劣化が進むと、錆によって見た目や動きが悪くなります。
そんなことにならないように、定期的に塗装を行うようにしましょう。

□シャッター塗装は業者に頼むべき?

ガレージのシャッターの塗装なら、足場も設置しないし、DIYでできると思っていませんか。
結論から言うと、シャッターの塗装は業者に依頼することをおすすめします。

自身で塗装をすると、以下のデメリットがあります。

1つ目は、シャッターに合う塗料や必要な道具を自分で選び、調達する必要がある点です。
塗料によってシャッターに合うか合わないかや、耐久年数や機能性が異なります。
そのため、どの種類の塗料を選ぶのかは難しいです。
また、塗装に必要な工具や塗料をそろえると、業者に頼むのと同等のお金がかかる場合が多いです。

2つ目は、シャッターの種類や劣化状況によっては、高度な技術や知識が必要な場合もある点です。
自身で行えたとしても、専門的な知識や技術を用いないと、耐久性が保証できなかったり、見た目が悪くなったりします。
DIYを行って塗装をしても、またすぐに劣化が進む可能性もあります。

3つ目は、時間が取られる点です。
塗装は業者が行っても何日もかかります。
そのため、素人ではより長く時間がかかってしまい、たくさんの時間がかかってしまいます。

以上の3つのデメリットは業者に頼むことで、全て解決できます。
もし、趣味でなく、お金の節約でDIYを考えている方は、一度考え直してください。

□まとめ

カーポートの塗装について解説しましたがいかがだったでしょうか。
お金の面でも手間の面でも、DIYよりも業者に頼むほうが節約できる可能性が高いです。
ぜひ、シャッターの塗装をお考えの方は当社にお任せください。
今回の記事でなにかご不明の点がございましたらぜひお気軽にご相談ください。

カーポートを設置したい方はいらっしゃいませんか?施工の際の注意点を解説します!

2021年8月4日|カテゴリー「施工ブログ
「カーポートを設置するのが不安だ」
「業者に全て任せて大丈夫なのだろうか」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

そこで今回は、業者に事前に聞いておきたいことと、設置する際の注意点をご紹介します。
ぜひカーポートを設置する際に参考にしてみてください。

□カーポートの現場調査時に業者に聞いておきたいこととは

カーポートの現場調査時に以下の点を業者に聞いておくようにしましょう。

1つ目は、屋根材のサンプルがあるかどうかです。
ネットで見て屋根材を決めてしまうと、実際に完成した際に、想像と違っていたという場合があります。
そのため、屋根材を決める前にサンプルを見せてもらい、実際に見たうえで決めましょう。
注意して見ていただきたいのが、色味や透明度です。

2つ目は、地域の属性にあった屋根材があるかどうかです。

例えば、地域によっては耐積雪強度に重点を置いて屋根材を選ぶことをおすすめします。
当社がある山形市では、年によって積雪量が極端に変わることがあります。
ポリカーボネートの屋根ですと耐積雪強度が不安なため、当社ではガルバリウム鋼板を進めています。

このように、雪が降る地域、台風が多い地域、海に近い地域など、
地域の属性にあった屋根材の取り扱いがあるかどうかも確認しておきましょう。

3つ目は、工期がどのくらいかかるのかという点です。
カーポートは仕様や加工によって工事日数が変わります。
そのため、工期がどのくらいで終わるのか聞いておくと、自身の日程を組みやすくなるでしょう。

4つ目は、どのくらい騒音が出るのかという点です。
騒音の程度によって、ご近所に一言挨拶に行くべきかが異なってきます。
どのくらいの騒音が出るのかと、近所に挨拶に行くべきなのかも聞いておくと良いでしょう。

5つ目は、希望工事時期を伝えておく点です。
依頼する前提であれば、希望工事時期を伝えておきましょう。
伝えておくとスムーズにスケジュールが決まります。
平日が空いている場合が多いので、平日を希望すると、すぐに工事を始められる可能性が高くなります。

□カーポート設置時の注意点とは

カーポートを設置する際は以下の点に注意しましょう。

1つ目は、どの程度建物や外構に近づけるのかです。
近づけすぎると、風や地震などでカーポートや建物が揺れた際に、接触してしまう可能性があります。
傷ついたり破損したりする場合があるので、近づけすぎないようにしましょう。

2つ目は、隣人の住宅に近づけ過ぎないことです。
隣人に近づけすぎると、カーポートを伝って雨水が隣人の敷地に流れ込む場合があります。
隣人によってはトラブルの元になるため、隣に近づけなかったり、雨どいを設置したりして対策を行いましょう。

□まとめ

カーポートについて、事前に業者に聞いておきたいことと、施工する際の注意点をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
カーポートを設置する思いが固まった方は、ぜひ当社にお任せください。
専門の技術と知識で、お客様の希望に沿ったカーポートを設置いたします。

scroll-to-top