施工ブログ

自宅で外構工事をするときに隣人へ挨拶は必要なのか?

2021年4月27日|カテゴリー「施工ブログ
外構工事で意外と盲点になりがちで、工事が始まる直前で考え始めるのが挨拶です。
今回は外構工事で隣人トラブルに発展させないための挨拶方法を解説します。
挨拶は今後の隣人との関係を円滑にしてくれる大切なツールなので、参考にしてください。

□外構工事でトラブルが発生する理由を紹介します!

トラブルに発展しやすい原因を5つ紹介します。

1つ目は騒音です。
工事が大規模になる場合は重機を使用したり、トラックを使用したりするので、どうしても騒音が発生します。
基本的には法律で朝の7時から夜の7時までしか作業を行えませんが、夜勤で昼に寝ている方の場合は睡眠の邪魔になる可能性が高いでしょう。

2つ目は粉塵やにおいです。
内容によっては、もともとあるものを解体する場合もあります。
コンクリート部分を解体する際に粉塵が飛散し、隣人の洗濯物に付着する可能性もあります。

3つ目は振動です。
皆さんも体験したことがあるかもしれませんが、工事には振動がつきものです。
特に何かを解体する時や、重機を使用する際に発生します。

4つ目は職人さんのマナーです。
最近は職人さんへの教育が行き届いている会社が増えましたが、中にはマナーが悪い会社もあるかもしれません。

5つ目は工事車両が通ることによる不便です。
工事を行う場所が住宅街の場合は、細い道路にたくさんのトラックが行きかう可能性があります。

□トラブルを回避するための、上手な挨拶方法のポイントを紹介します!

1つ目は、工事開始の1週間前には知らせることです。
1回では不在の可能性がありますが、1週間あれば工事が始まる前に挨拶できる可能性が高いからです。

2つ目は、直接顔を合わせることです。
手紙で送ると、広告と思われて読まれない可能性があるので、直接伝えるのが良いでしょう。

3つ目は、工事会社の方と一緒に行くことです。
隣人の方が質問をする場合がありますが、担当者と一緒だと代わりに質問に答えてくれます。

4つ目は、挨拶は最低でも前後左右の家にすることです。
もちろん、それ以上のご近所さんに挨拶するのは良いです。

このように、挨拶をするときのポイントを意識して、良い印象を与えましょう。

□まとめ

今回は、外構工事が原因で発生する隣人トラブルと上手な挨拶方法を解説しました。
このように、トラブルに発展する原因は様々なものがあり、どれも個人での対策は難しいでしょう。
だからこそ、隣人へ挨拶するのが重要です。
ご近所付き合いを円滑に深めていきましょう。
scroll-to-top