山形の方必見!雨漏りの修繕費用にはいくらかかるか知っていますか?

「雨漏りしているし修繕しないといけないなぁ」
「でも、修繕費用って一体いくらくらいなのだろうか」
雨漏りに気づくと一刻も早く修繕したいと思う方も多いでしょう。

しかし、そんな時にネックになるのが費用です。
予算によっては急にお金を用意するのが難しい場合もあるので、ある程度事前に知っておくことも必要です。
ということで今回は修繕費用の相場をお伝えします。
一口に修繕と言っても様々ケースがありますのでケース別に見ていきましょう。

□瓦屋根の雨漏り
目安は10万円〜25万円くらいです。
費用は屋根の形状や棟瓦の高さ、建物の立地条件、既存の瓦の劣化度合いなどによって変わってきます。
内装にも被害が及んでいて天井の張替えが必要な場合は、15万円〜25万円くらいかかります。

□カラーベスト屋根の雨漏り
カラーベスト屋根の張替えは瓦屋根と違って、部分的に張替えることが出来ません。
そのため、費用も少し高く25万円〜30万円くらいかかります。
また、屋根の下地が腐食している場合は、それも交換する必要があるので別途費用がかかります。

□ガルバリウム鋼板瓦棒屋根の雨漏り
100㎡未満の場合の修繕費用の目安は50万円〜70万円です。
このタイプの屋根は緩やかな屋根であることが多く、雨漏りは屋根の下葺き材である屋根ルーフィングに問題があることがほとんどです。
そのため、屋根ルーフィングを張り替える必要があります。

□ベランダからの雨漏り
10㎡未満のベランダの雨漏りは8万円~15万円ほどで修繕することが出来ます。
しかし、ベランダの床板の腐食や手すり壁の腐食もある場合は、下地から修繕する必要があるのでさらに費用がかかります。
下地修繕に必要な費用の目安は15~25万円です。

□応急処置
あくまで応急処置ですが、緊急時はブルーシートをかぶせたり防水テープを貼ったりすることで雨漏りを防ぐことも必要でしょう。
ブルーシートの値段はピンキリですが、安いものだと400円ぐらいで、高いものだと5万円くらいで買うことができます。
防水テープは隙間を防ぐのに便利で2000円弱で買うことが出来ます。

以上、ケース別に修繕費用の相場を紹介しました。
どのケースの修繕においても様々な条件により、費用が上下します。
自分の家の雨漏り状況を素人が判断することは難しいので、一度業者に見積もりの依頼をしてみてはいかがでしょうか。

株式会社IKEDAでは雨漏りの調査・修繕を行なっています。
雨漏りに関して気になることがあれば、ぜひ一度ご相談ください。