山形の外構工事職人が解説!理想的な庭のエクステリア

「家の周りの雰囲気をちょっと変えたいな」
「庭にテラスをおいてみたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
最近ではエクステリアといって建物の周り、外側の環境にもこだわる方が増えてきています。
エクステリアとは、門や塀、テラスなど外構を含む建物外の全体の環境のことを指します。
インテリアの外側バージョンだと思えばわかりやすいでしょう。
今回は、その中でも庭に関するエクステリアについてご紹介していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

 

□エクステリアで庭を造る際の注意点

エクステリアにはオシャレなデザインで雰囲気を変えたり、ウッドデッキやテラスなどを設置してゆったりするスペースを作ったり、といった役割があります。
しかし、デザイン性だけを重視して防犯の問題を考慮していなかったり、開放的なデザインで家の中が丸見えになってしまったり、洗濯などの家事がしにくくなったり、といった失敗もあるようです。
本来、癒しを求めてデザインしたのに逆に暮らしにくくなってしまったら意味がありませんよね。
また、庭のエクステリアで大切なことはデザインを考えるときに生活スタイルにきちんと合わせることです。
ウッドデッキやアプローチを設置して逆に不便になってしまうこともあるようです。
家族でバーベキューをしたい、ウッドデッキをテラスにしたい、などといった要望を明確にイメージして業者と相談しながら理想のお庭造りをしましょう。
次は実際の設備についてご紹介していきます。

 

□庭のエクステリアの設備例

*ウッドデッキ
ウッドデッキによって生活のスペースが広がることで、家族でのんびりした時間を過ごせたり、子供やペットの遊び場になったり、洗濯物を干せたりできます。
なにより外から見てもオシャレな空間を演出できます。
ウッドデッキの種類には、天然木と人工木があります。
天然木は値段が安く、天然ならではの温かみがあります。
しかし色あせやシロアリなどメンテナンスが必要です。
人工木は値段は上がりますがメンテナンスがほとんど不要です。

 

*テラス
一般的にはデッキは室内の延長上、テラスは庭の一部といった区別がされています。
くつろぎ空間として大活躍します。
他にもアプローチをつけたりライトで庭の木を照らしたりと、様々な工夫があります。

 

□まとめ

今回は庭のエクステリアについてご紹介しましたが、いかがでしたか?
ぜひ業者と相談して理想のお庭をつくりあげてくださいね。