山形在住の方必見!雨漏り修繕の種類別にかかる費用を把握しよう!

雨漏りが発生したら、皆さんはどうしますか?
ほとんどの方が雨漏りの工事業者に修理を依頼するのではないでしょうか。
もちろん、発生してすぐに対応することは良いことです。

しかし、あまりにも業者に任せすぎると、余分な費用を支払うことになるかもしれません。
そこでこの記事では、雨漏りの修理に必要な費用についてご紹介します。

◆雨漏り修理の種類
最初に、簡単な雨漏り施工の修理の種類を説明します。
一般的に、ロープワーク、高所作業車、ゴンドラ作業、足場作業という価格の順番になります。
ロープワークが最も安く、足場作業が最も高額です。

ロープワークは軽い修繕や、部分的な補修に向いています。
しかし、大掛かりな工事が必要になる場合には、足場を組み立てて作業をすることが多いです。
なぜなら、この4つの施工方法を比べると、価格が高いほど、安定した作業が可能になるからです。

もしも、本格的な工事をする場合には、費用を節約せずに足場を組み立てたほうが質の良い工事をしてくれるでしょう。

◆雨漏り修理の種類別の特徴と費用
先ほどご紹介したように、雨漏り修理にはいくつかの種類があります。
そこで、雨漏り修理の種類別の特徴をお伝えします。

・ロープワーク
ロープワークは屋上にロープを固定して作業をします、
そのため、屋上にロープを固定できる場所があることが必要になります。
この作業方法は、足場を設置するといった工程を省けるため、予算を節約できるのが魅力です。
ロープの設置費用は無料のことも多いです。

・高所作業車
高所作業車は、ロープワークよりも安定して作業ができて、効率的になります。
しかし、高所作業車を準備するには、広い敷地が必要になってきます。
高所作業車のレンタル費用は2~5万円程度のことが多いです。

・ゴンドラ作業
ゴンドラは、足場よりも安く行えます。
また、工事範囲も広いため、様々な作業に対応ができます。
かかる費用は、ゴンドラのレンタル費用が2万円前後で、設置や解体には10万円以上かかることが多いです。

・足場作業
足場作業は、とてもスタンダードな工事方法です。
今回ご紹介した作業方法の中では、最も安定性が高いです。
そして、安定しているということは、作業効率や工事の質の向上につながります。

もしも、どの作業方法が良いのか分からないという場合には、足場作業を選んでおくと良いかもしれません。
費用は1平方メートル当たり850円ほどのことが多いです。

◆まとめ
この記事では、雨漏り修理に必要な費用と作業の種類についてご紹介しました。
皆さんが施行をするわけではないので、詳細まで知っておく必要はありませんが、ある程度の知識を持っておくことで、業者選びの助けにもなります。
そして、費用の違いを知っておくことで、納得して修理を依頼できることでしょう。