山形で雨漏り修理は、業者にお任せするべき3つの理由

台風や大雨がくると、急に天井から水が…

もしもそんな雨漏りが起こったら、一刻も早く修理したいですよね。

しかし自分で修理をしたいけど、方法が分からない。

または、一度自分で応急処置、修理はしたのにまだ雨漏りが続く。

という方もいらっしゃることと思います。


そんな方に今回お伝えしたいことは、

「雨漏りの修理は業者に依頼するべきだ。」ということです。

自力の修理よりも、業者による修理をオススメする、その理由を3つお伝えしていきます。


1. 危険が伴う

雨漏りの代表的な応急処置には、屋根にブルーシートをかぶせたり、防水テープを貼ったりすることによる方法があります。

しかし、そのためには屋根にはしごをかけて登らなくてはなりません。

強い風や雨の中で行うその作業は、転倒や転落などかなりの危険が伴います。


また、レジャーシートなどの屋根への固定が甘いと、近隣の家に飛んで行ってしまうこともあります。自分だけではなく、周りの方にけがをさせてしまう可能性もあるのです。

いくら、自力でできると考えていても、台風などの気候の中では何が起きるか分かりません。


2. 間違えた処置を施してしまう

今はインターネットや、本などで調べるとすぐに情報を得ることができます。

そこで得た知識を用いて、自己流に修理をされるかもしれません。

しかし、家の造りや屋根の素材、形などは家によって違います。

そのため、その家にあった雨漏り対策が必要になるのです。


また、間違えた修理をすることによって、余計に雨漏りが進んでしまうこともあります。

そうなってしまうと、業者に修理を依頼しても、修理をする前よりも高くついてしまうこともありますので注意が必要です。


3. 応急処置は一時的なものである

当たり前のようですが、応急処置はあくまでその場しのぎのものです。

応急処置をしても長い間そのまま放っておいてしまうと、最悪の場合、屋根にカビが生えたり、屋根がくずれ落ちたりしてしまうこともあります。


そんな事態になってしまうのは、避けたいですよね。

自力での雨漏りの修理は、費用が安く済んだり、簡単に見えたりすることと思います。

しかし、今回ご紹介した3つの点から、業者に修理を依頼する、という選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。


まとめ

株式会社IKEDAでは、「完璧」な雨漏り修理のお手伝いをしています。

雨漏り修理の他に外構工事や塗装、雪下ろしまで承っており、住宅のことは熟知しています。

そのため、一般的な防水工業業者では直せないところを含めた、完璧な修理が可能です。

山形で、技術と知識のある信頼できる雨漏り業者をお探しの方は、一度ご相談ください。