外壁タイルの改修工事の工法や注意点|山形の外壁改修業者がご紹介

「家を建ててから数年が経ち、外壁の汚れや劣化が気になる」という方も多いのではないかと思います。
特に、外壁の表面を覆っている外壁タイルの劣化は見過ごせないですよね。
外壁タイルは、家の美しさだけでなく、建物の劣化を守る重要な役割を果たしています。

しかし、外壁タイルは、雨や日光などの外部環境の影響を大きく受け、汚れや劣化が起きやすい場所でもあります。
では、改修工事では、どのように外壁タイルを改修するのでしょうか。

そこで今回は、外壁タイルの改修工事の工法と注意点についてご紹介します。

□外壁タイルでの改修工事の工法

*塗り替え
塗り替えは、外壁タイルが汚れていて色が落ちてしまっている場合に行う工法です。
外壁タイルの色が落ちていると、見栄えが良くないですよね。

外壁タイルの劣化がそれほど進行していない場合には、塗り替えだけで工事が完了します。
塗り替えることで、外部環境からの影響を保護することができます。

また、外壁タイルをこの機会に新たな色にしてみるのも良いかもしれませんね。

*部分補修
外壁タイルの一部分の劣化が激しい場合に行う工法です。
劣化が激しい場合とは、外壁タイルが浮いていたり、剥がれてしまっていたりする状態です。

このとき、外壁タイルを取り外して、シール材を注入して補強を行います。

シール材とは、隙間を埋めるために気密性や防水性の保持を目的とした、合成樹脂や合成ゴムで作られるペースト状の材料です。
シール材は、外壁工事ではよく使われる材料ですので、知っておくと良いでしょう。

□改修工事における注意点
ここでは、改修工事における注意点についてお話します。

*業者選び
外壁改修業者は、多く存在しています。
残念なことに、その中には不当に高い値段を請求する業者や手抜き工事をする業者もあります。

そのような業者に依頼しないように、一つだけの業者から見積もりをせずに、複数の業者から見積もりを取りましょう。
また、業者のHPや口コミなどで実績を確認しておくことも大切です。

*耐震性
日本はいわずもがな、地震が多い国です。
外壁は、家の耐久性を担う場所であり、耐震性と関係しています。

そのため、家の耐震性がどれくらいか耐震調査を行ってもらいましょう。
場合によっては、大規模な外壁の改修工事が必要になることもあります。

□最後に
今回は、外壁タイルにおける改修工事の工法と注意点についてご紹介しました。
改修業者に依頼する前に、工法や注意点を知っておくことで、よりスムーズに改修工事を行えるのではないでしょうか。
外壁の改修は、家のメンテナンスの中でも重要な工事ですから、不安な場合は業者に連絡してみると良いでしょう。