外壁の改修工事の工法について山形の外壁改修業者がご紹介

「最近、家の外壁に汚れやヒビが見られるなあ」
このような不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。
外壁は、家の見た目だけでなく、安全性も担っている場所ですから、メンテナンスしておきたいところですよね。

そこで、「外壁には、どのような改修工事の工法があるのだろう」と疑問を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、外壁の改修工事の工法について、山形の外壁改修業者がご紹介します。

□外壁の改修工事の工法
外壁の改修工事には、外壁の損傷度合いに合わせて、様々な工法があります。

*シール工法
シール工法では、主に外壁のひび割れに対してシール材を使って改修する工法です。
シール材とは、隙間に注入する合成樹脂や合成ゴム製のペースト状の材料です。
外壁の工事ではよく使われますから、シール材については理解しておくと良いでしょう。

流れとしては、まず、ひび割れの範囲を測定して、シール材を塗る範囲を決めます。
ワイヤーブラシを使って改修部分をきれいにして、シール材を塗ります。

はかりやヘラを用いて、丁寧にひび割れ部分をシール材で塗っていきます。
養生をして、シール材が十分に固まったことを確認してから、再び掃除をして終了となります。

*手動式注入工法 
この工法も外壁のひび割れに対して使われる工法ですが、注入パイプを使ってシール材を注入します。

流れとしては、シール工法と同じように、ひび割れの範囲を測定してから清掃をします。
モルタル壁やタイル壁の場合は、注入する際に工事の邪魔になるので、取り除きます。

注入部分を決めると、電動ドリルで穴をあけ、注入パイプが入りやすくなるようにします。
次に、注入パイプを使用して、シール材を注入し、養生をして固まるまで待ちます。

最後に、きれいに掃除、仕上げをして終了となります。

*ブリッジ工法
ブリッジ工法とは、その名の通り、橋を架けるようにシール材を充填する工法で、工費が安いことが特徴です。

流れとしては、これまでの工法と同じように改修部分を決めてから、きれいに掃除します。
次に、プライマーを刷毛という道具を使って塗布します。
プライマーとは、シール材がしっかりと外壁に接着するために塗る下塗り材です。

プライマーが固まった後、シール材を塗り、養生をして硬化を待ちます。
最後に、掃除、仕上げを行って工事完了です。

□最後に
外壁の改修工事を依頼するときは、専門用語や工法を理解しておくと、スムーズに工事を進められるでしょう。
外壁にひび割れが見られる場合は、外壁の耐久性が損なわれているサインです。
すぐに改修業者に連絡しましょう。