山形の方必見!外壁タイルの改修工事の工法をご紹介します

タイル張りの家には高級感があり、オシャレに見えることから、最近は大変人気が高くなってきています。
みなさんの中にも、タイル張りのお家に住まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで問題になってくるのが、ひび割れや汚れなどのタイルの劣化です。

今回は、外壁タイルの改修工事についてお話ししていきます。


○外壁タイルの改修工事は必要か?
まず、改修工事は必要かどうかについてお話します。
みなさんのお家のタイルに、ひび割れを見つけたことはありませんか?

ただのひび割れだと思われるかもしれませんが、そのひび割れを放置しておくと雨水が内部に浸入してしまい、家全体の耐久性を低下させることにつながってしまうこともあります。
そのようなことを防ぐために、外壁タイルの改修工事が必要なのです。


○外壁タイルの改修工事の工法
それでは、外壁タイルの改修工事にはどんな工法があるのかいくつかご紹介します。

・塗り替え
外壁タイルの色が落ちてしまったり、汚れが目立ったりすると気になりますよね。
そんなときにおすすめなのが、塗り替えです。
汚れから守るための保護塗料をタイルの上から塗ることで、キレイな外観を保ち続けることができます。

・部分補修
全体ではなく、補修が必要な部分だけを補修する方法のことです。
タイル自体が大きく浮いていたり、剥がれかけていたりする場合は、浮いたタイルを一旦壁面から取り外し、接着用のモルタルで貼りなおし作業を行います。
短期間で終わり、費用も安く抑えられる点がメリットです。

・下地補修
タイル改修工事において下地はとても重要です。下地によって外壁の見栄えや状態も変わります。
下地がきちんとなっていないとすぐにタイルが浮いてくるので、目地のモルタルを詰め直したり、コーキングの打ち直しをしたりします。


○タイル改修工事の注意点
様々なタイル改修工事の工法がありますが、注意していただきたい事があります。
それは、同じ名前の改修工事でも、業者によって扱っている内容が異なるということです。
どんな改修工事を行うのかよく確認し、費用や必要な期間についても納得するまで相談することが大切です。


ここまで、外壁タイルの改修工事についてお話ししてきました。
改修工事の方法は様々あり、定期的にチェックすることで生活の安全を守ることにもつながります。
もし山形在住の方で外壁のタイルなどの改修工事が気になるようでしたら、ぜひ株式会社IKEDAにお気軽にご相談ください。