外壁タイルの改修工事の工法を紹介します|山形県の業者

「外壁のタイルの補修を検討しているのだけど、どういった工法があるのかわからない」
「外壁タイルの改修工事をする際の工法にどういったものがあるのか知っておきたい」

外壁の補修を検討されている方の中には、外壁タイルの改修工事をする際の工法に関して上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
外壁のタイルは、外見上の美しさもありますが、質感も外壁を守る機能性も良いため、外壁を飾るものとして非常に人気となっています。
外壁の美しさを維持する上でも、タイルに不具合が生じている場合は、ぜひとも補修したいところですよね。

今回は、外壁タイルを改修工事する際の工法をご紹介いたします。


□症状別の改修方法
外壁タイルの改修工事をする際に工法にはどのようなものがあるのでしょうか?
3つの症状別の工法を紹介します。

*ひび割れが生じている場合
タイルにひび割れが生じてしまっている場合は、どのような工法が良いのでしょうか?
タイルに大きくひび割れが生じてしまっている場合や、大きな欠損が生じてしまっている場合は、タイルを取り外し、新しいタイルを貼る必要があります。
この際、古いタイルを剥がすために、タイル周囲の目地を電動式のカッターで切断します。接着剤を塗り、新しいタイルを貼り終えた後に、再度目地を埋めていきます。

*タイル目地にひび割れが生じている場合
タイル自体ではなく、タイルを貼り合わせている目地にひび割れが生じてしまっている場合はどのような工法が必要になるのでしょうか?
目地に生じてしまったひび割れには、専用の材料をその割れ目に注ぎ込むことでひび割れを塞ぎ、仕上げ罪によって、目地を補修していきます。

*浮きが生じている場合
タイルが壁面から剥がれてしまっている場合には、どのような工法が必要になるのでしょうか?
タイル自体が大きく壁面から浮いてしまっている場合、または剥がれてしまった場合は、不具合が生じているタイルを壁面から取り外し、接着用の材料を塗布した上で貼り直す作業を行っていきます。
この際、接着用材料の量が不足してしまっていたり、接着用の材料がタイルを貼る前に乾いてしまっていたりすると再度、不具合が生じてしまう原因になりますので、注意が必要です。


□最後に
今回は、外壁タイルを改修工事する際の工法を紹介しました。
タイルの不具合は、非常に目に付きやすいものです。こまめなメンテナンスをして、綺麗な外壁を保っていきましょう。