雨漏りの調査や修繕工事を依頼する際の注意点と費用|山形県

「雨漏りが最近ひどくて、調査や修繕工事を依頼したいんだけど・・・」
「工事や調査を依頼する際に、注意点があれば知っておきたい」

雨漏りでお悩みの方で、修繕工事や調査を依頼しようとお考えの方の中には、上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
雨漏りは、適切な修繕をしないと再発してしまう可能性があります。せっかく修繕工事を依頼するのですから、一回の依頼でしっかりと直してもらいたいところですよね。近年では、悪徳な業者も増加していますので、悪徳な業者による被害に注意が必要です。

今回は、雨漏りの調査や修繕工事を依頼する際の注意点をわかりやすくご紹介します。


□依頼する際の注意点

*問題箇所をあらかじめ確認しておく
雨漏りの調査や修繕工事を依頼する際に押さえておきたいのが「自分でもあらかじめ、どういったところに問題が発生しているのか、問題箇所を確認しておく」ということです。
雨漏り以外のひび割れやチョーキング現象と呼ばれる他の問題を発見することで、一緒に修繕を依頼し、効率よく修繕工事を行ってもらうという目的があります。また、近年増加している悪徳業者によって、問題箇所を偽られないようにするためでもあります。

*どういった調査方法、工法あるのか知っておく
問題箇所をあらかじめ確認しておくということ以外にも、事前にどういった調査方法や工法があるのかを知っておくことも重要です。
雨漏りの調査方法には、目視による調査やハンマー等で叩きながら確認する打診、実際に雨漏りを再現しながら問題箇所を特定する散水調査など、様々な方法があります。
また、工法に関しても、コーキングによる補修や外壁を塗装することでの補修、部分的な修繕工事など様々な工法があります。
事前にどのような調査方法・工法があるのかを知り、適切な方法選びに役立てましょう。

*相場を確認しておく
どのくらいの相場なのかを事前に確認することも非常に重要です。
悪徳な業者の中には、交渉の中で大幅な値引きを行う業者もあるのですが、実際には一般的な相場よりも高かったという事例も多くなっています。インターネット等で同じような依頼内容のものがどの程度の費用になっているのか、相場を確認しておきましょう。
シーリング工事は5万円以上、壁面防水工事は1平方メートルあたり2000円程度を目安に検討してみてください。


□最後に
今回は、雨漏りの調査や修繕工事を依頼する際の注意点をわかりやすく紹介しました。
雨漏りの調査や修繕工事でトラブルに見舞われないよう今回紹介した注意点をぜひ参考にしてみてください。